アメリカ合衆国北米

ラホヤの美しい風景

カリフォルニア州サンディエゴ ラホヤの風景

カリフォルニア州 ラホヤ

アメリカン・ミュージック好き(もしくは山下達郎好き)には、 ザ・ビーチ・ボーイズの「サーフィン・U.S.A.」に「All over La jolla, at Waiamea bay」と、歌われる地名としてお馴染みかもしれない。海と丘のあるリゾート地として知られる「ラホヤ」(La Jolla)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンディエゴ市北部に位置するエリア。La Jollaという土地の名の由来は諸説あるが、スペイン語で宝石を意味する「la joya」が語源という説も。太平洋に面して約11キロに渡って続く美しく湾曲した海岸線、海のそばまでせまる丘陵が豊かな景観を作りだしている。

その美しさと気候の良さで全米でも屈指の高級住宅地として知られ、2009年度にはかの有名な高級住宅地「ビバリーヒルズ」の地価を抜いて地価全米ナンバーワンに。数々の芸能人や富裕層の邸宅が点在し、海岸沿いには高級レストランやホテルが立ち並んでいる。もちろんマリンスポーツも盛んだ。

一方で、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)、スクリプス海洋研究所、ソーク研究所、スクリプス研究所、サンディエゴ・スーパーコンピュータ・センター、などが点在する学術都市としての顔も持っている。

今日はそんなラホヤの風景をお届けします。

広告

ラホヤの風景

カリフォルニア州サンディエゴ ラホヤ

広告