アメリカ合衆国北米

グランド・キャニオンの風景

グランド・キャニオン

地球上に雄大な風景を見られる場所は数多くあるが、その中でも最も有名な場所の一つがグランドキャニオンだろう。

アメリカ合衆国の南西部、アリゾナ州の北部にある峡谷「グランド・キャニオン」はその名の通り(Grand Canyon=壮大な峡谷)、荘厳にして雄大な風景で知られる場所だ。グランドキャニオンは、何千万年もの時間をかけて、コロラド川の浸食作用によってコロラド高原が削られて出来上がった峡谷で、平均の深さ約1200メートル(最深地点1800メートル)、長さは446キロメートル、幅6~29キロメートルにも及ぶ壮大なもの。年間の降雨量が多い所で380mm、最深部で年間200mmほどと少ない為、地層が綺麗に見られる箇所も多く、最下層の約20億年前から最上層の約2億5千万年前の地層という先カンブリア時代からペルム紀までの地層の重なりを目で見ることができる、地質学や地球の歴史が好きな人にとってもたまらない場所だ。

一生の間に一度は訪れてみたい絶景の地。今日はそんなグランド・キャニオンの風景をお届けします。

広告

グランド・キャニオンの風景


夜のグランドキャニオン


夕暮れのグランドキャニオン


冬のグランドキャニオン

広告